ドリルを選択

穴を開けるために
ドリルを選択。

 
ドリル(キリ)置き場所が
数カ所(6箇所)あるので統一したい。

まとめることで、同じ大きさのドリルが見える化できるのだが、取りに行くのに時間もかかるし、めんどくさくなる。

以前から、どうにかしたいと思っている箇所だが、移動時間が増すので悩みどころ。

 

カテゴリー: 01月, ボール盤, 作業, 工具 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。