332 FUSE(Z)と言う、NCアラーム

●昨日の朝一番は、段取をしていたNC旋盤とたわむれる仕事でした。さぁ~削るぞっ!と思っていたら、

NCアラーム点灯・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

点灯した状況=原点復帰をいつものようにかけたら、途中で動かなくなった。何を押しても動かない・・・・

これは!困ったとです・・・

ミヤノ社のJNC-35と言う機械です。

■NCアラーム内容

 332 FUSE(Z)

 310 SERVO OFF

 280 MACHIN UNREADY

たぶん、332が一番怪しい。310は電源を入れるときにいつも付いていて、サーボが回ると消えるのでこれは正常。

280は、動きませんよ。と言う表示と思う。

と言う事は、やはり332のヒューズ関係?か・・・ 

福岡に九州営業所があったが、今は無い・・・広島と合併しているみたい。なので、 広島営業所に電話をして状況を話しました。すると、これがファナックではなく、安川の操作盤なので、 折り返し連絡が有ることになった。いっときして安川からTELが入り、2枚のFAXが流れてきました。

その内容は、とある1箇所の抵抗の足を切断する。と書かれていた。それだけで・・・動くの?と半信半疑な私。

取合えず、FAX内容のように作業をしてみる事に。

この2枚が送られてきた。

重要な箇所を拡大してみました。丸で囲まれています、左から2番目の抵抗(56R)の足を、 ニッパー等の工具で切ってください。と書いてある。

書いてあるように、取合えず作業をしてみよう。

後ろに回り、配電盤をあけて・・・・

左上くらいに、こう言う基盤が有り、サーボパックと言うらしい。 (サーボが制御されているユニットみたいです) これは2段になっていて、手前がX軸、奥がZ軸との事みたい。

サーボパックなるユニットの、左上と

左下のネジをはずす。

すると、こんな感じで開きます。

丸で囲んだとこの青いボタンの、左から2番目の(56R)と言う抵抗の、下側の足を切断する。 プチッ

さてさて、いつものように電源投入。して、原点復帰・・・・

おぉーーーー!動きました!!

凄い・・・・原因は解らないみたいだが。。。安川様、対応有難うございました。C=(^◇^ ; ホッ!

配電盤の蓋を元にもどして・・・無事終了。

さて・・・金属を削ろうねっ!JNC-35君♪まだまだ現役で頑張ってねっ!

●こんな感じで、故障やトラブッタときでも、ネットに公開しているサイトがあれば、同じ症状で困った方の何か解決策が出てくるのでは?と思い、いつものように、バシャバシャととってみました。

カテゴリー: 08月 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。