3/19 NC旋盤加工の段取り中

18日(火)は現場工事でしたので、2tユニックで出動していました。
150318-000この手動レバーって好きです。

レバーを引いたり、押したりしたら、ブームが言う事を聞いてくれます♪

手動で動かしている時って、とても好き。

 

フックの先では、1人いて、手合図をします。

私はその手合図を見ながら、手動操作をします。私が手合図することもあります。重量物なので、安全に行います。

 

現場作業は、常に何かが潜んでいることがあります。

今回、とても難問が発生しました。

お客様数名と、私。改造装置を前にして、色々とアイデアを出し合います。時間は過ぎます・・・

これ!と言うアイデアを、皆で考え、一番良い方法を出します。

 

今回出た対策として、スペーサーの製作となりました。

この日の作業は終了。工場へ帰り、スペーサーを製作しました。

150318-001-2

使った機械は、シャーリング(切断する機械)と、プラズマ切断機

 

150318-011-2.jpg 150318-010-2

 

150318-002-1SUS304(ステンレス)-2B-2t

我が町工場は、資材をストックしていますので、柔軟な対応が可能です。

 

 

これで、解決!

だが、本日。19日(水)

久留米市は、雨です・・・

 

工事は、雨天中止にしていました。溶接もあるし、半分外のような場所なので、雨がふったら危険と判断しましたので、また次回に現場作業を行います。

 

 

町工場内では、注文していた部品が入荷中。

150318-003-2

 

 

また、汎用旋盤で切削に必要な治具と、部品の下地加工を行いました。材質は、アルミ(AL5052)

150318-004-2

150318-006-2 150318-005-2

 

 

150318-007-2

 

NC旋盤を段取り中。

弊社のNC旋盤は、バー材シャフト(定尺4m)材料の自動供給での連続運転が可能なため、量産加工が可能です。

今回は、バー材ではなく、治具を製作したことにより、通常より大きな材料を掴んで加工をします。チャッキングすると、横軸が接触するため、こう言う感じでワークの場所を変え切削します。

角度を割り出して、横回転工具にて側面加工をします。そしてプログラムを書き書きしています♪

150318-008-2 150318-009-2

 

 

定尺(4m)のバー材を供給する供給装置がついてるNC旋盤を所有しています。

詳細は、ホームページを
↓  ↓  ↓
有限会社 フラターテックのホームページ

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ  



カテゴリー: 03月, 管理人の行動日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。